2010年10月05日

ミュウ…ごめんね

昨日4日。
七時半に仕事から帰宅すると、冷たくなってしまったミュウがいました

17歳と半年。

またまだ健康で長生きするはずだったミュウを、不注意な私がしなせてしまったようなもの。


いつもいるはずのテレビの上に、もうミュウはいません

ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね


小さなときから、病気と交通事故が怖くて室内飼いだったミュウ。
ふわふわのさわり心地で
可愛い声でしゃべる

一緒にキャットショーに出たこともあったね


謝っても、謝っても、ミュウに謝りきれない


痛みや恐怖から解放されて、ぽかぽか陽だまりの原っぱで自由に走ったり、
虫とじゃれたりしていてほしい。


IMG_1208.JPG


IMG_2522.JPG


IMG_1663.JPG








ニックネーム シェーベル at 13:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミュウちゃん虹の橋を渡ってしまったんですね。
本当に辛いですね。
シェーベルさん大丈夫ですか。
あまり自分を責めないでくださいね。
ミュウちゃん、いっぱいのワンちゃん猫ちゃんと毎日楽しく過ごせて幸せだったと思います。
シェーベルさんの家族でいれて本当に幸せだったと思います。
私も去年愛猫が14歳で虹の橋を渡ってしまい、今も辛いです。
毎月、月命日はどうしても亡くなった日の事を思い出してしまって辛くてたまりません。
怖いくらいです。
命日を迎えるのも怖くてたまりません。
なのでお気持ちわかります。
なにもできませんが、聞く事はできるのでなにかあれば言ってくださいね。


Posted by ひめ at 2010年10月05日 15:45
そっか・・・悲しいね。

ミュウはままが悲しむから
きっと留守の間に旅立ったんだよ。
Posted by ゴンの母ちゃん at 2010年10月05日 19:38
だいじに飼ってもらえて、きっと幸せだったと思うよ。

別れに立ち会えなかったもしれないけど、猫犬仲間(家族)が、いたからきっと不安じゃなかったと思います。

きっと感謝してると思います。
Posted by ちゃまる at 2010年10月05日 20:53
ひめさん、ゴンの母ちゃんさん、コメントありがとうございます。

ミュウはとっても元気だったの。
病院通いをしていたわけでもなかった。

こんな突然な別れは、私の責任でしかないんだ…

この家の中で、一番長いときを過ごしてきたミュウ。
申し訳ない…

Posted by シェーベル at 2010年10月05日 20:55
今回はきちんとワン絵文字出てますよ。

22からずっと一緒だったミュウ。
家にいるといろんな場所で、ミュウの姿が
思い浮かんで悲しいです

昨晩は、ガッシュがミュウのいたテレビの上のクッションをずっと見つめていました。
ガッシュを抱いてミュウのクッションのところ乗せると一生懸命においをかいで周りを探していました

もしかしたら家の中にミュウはまだいるのかもしれません
Posted by シェーベル at 2010年10月06日 13:45

この記事へのトラックバック